2014/4/14 ゆる市終了〜
ぽかぽか陽気の日曜日、初めての出張コーヒー何とか無事終了しました〜

「ゆる市は、ゆるくない。」というのが定説化してしまっているとおり、10時のオープンからたくさんのお客さんで溢れかえるroom103会場。ライブのあった時間は身動きとれないくらいの混雑となっていました。
といっても店主は後ろ向きでひたすらドリップし続けていたので会場内の様子は正直よく分からなかったんですけどね。

お店のお客様もたくさん来店してくれたのに、あまりお話しも出来ず。
コーヒー豆はドリップ用も販売用も、昨年夏の実績から「これだけあればいくら何でも足りるよね」っていうくらい持っていったつもりだったのですが、甘かったです。

豆は1時間持たず、ホットコーヒーは3時間、メイプルナッツも出足鈍かったものの結局全て完売というありがたい結果に。いや、コーヒーは正直もっと持っていくべきでした。。。売り切れ後に来店いただいたお客様、本当に申し訳ありませんでした。。

その後15時のお店開店まで思わず空き時間が出来たので、ずっと欲しかった平岩さんのエプロンを予約!そのうちカッコイイやつを店頭でしてると思います。アトリエ前にいたフジカワさんが既に酔っぱらってて面白かった。

お店を半日休んでまで初めて参加したイベントでしたが、率直に楽しかったです。
こういった地域の作り手たちによるローカルなイベントというのはイイもんですね。またそれだけの作り手たちがいる国立の街というのもいいし、それに応えてくれるお客さんがたくさん暮らしている国立という街もいい。
機会があれば是非また参加したいなぁ。

追伸:
遅れて開店したお店の方はというと...待っていてくれた方とゆる市で興味を持ってくれた方とが集中し、ゆる市より忙しいという状況に。
ゆる市ではいくら忙しいとは言ってもドリップだけだし、リラックスして楽しく出来てたのですが、後半の4時間の店営業が異常に疲れた。。。やっぱり「焙煎」ちゅうヤツが本当〜に神経使うし疲れるし接客は荒っぽくなるし、なんだよな〜と。こんなことよくやってるよな〜と、何か複雑な心境にもなったのですが...自分はこれしか出来ることが無いので、もちろんこれからもやりますよ〜



# by kunicoro | 2014-04-14 16:47 | Trackback | Comments(1)
2014/4/8 第6回:kunitachiゆる市に参加します
〜国立周辺の作り手や店主、集う人々がゆるやかにつながる市〜

第6回:kunitachiゆる市
【日程】
4月13日(日)
10:00~15:00
※雨天決行

【場所】
たとぱに
◆ もと大工小屋(たとぱに横)
ノイフランク
room103
LET'EM IN
フジカワエハガキ
GARAGE

【出店者】
食べ物・飲み物
ベッカライしゅんた
たいやきやゆい
ひとひとて
Samosa wala Timoke
ノイフランク
国立コーヒーロースター
・ベーカリーハース
Will cafe
古物
LET’ EM IN
GARAGE
古道具コレノナ

フジカワエハガキ
SAITOE

R.ECHO帽子製作所
natsuno hiraiwa
たとぱに
Norbulingka

・kukka 永井久恵
雑貨
SAP
やまさき薫
musubi
書籍
circle
文具
つくし文具店
クラフト
革工房アトリエサーシャ
カゴアミドリ
ki-to-te
音楽
mama clio
・mbichana mbichana


昨年の夏祭りバージョンに続き、参加させていただきます。
今回は何と言っても国立北口エリアでの開催!これは是が非でも参加しなければとの思いから、店主自ら出張致します。

当日はroom103にてコーヒーを淹れています。
銘柄はまだ決めていませんが、何か普段の試飲ではあまりお出ししていないものを2〜3種類用意しようかと思っています。

それだけだとありがたみも無いことでしょう、えぇ。
そこでコーヒーのお供として、フードムードさんにナッツを作っていただけることになりました!

メイプル風味の甘辛味で、カシュー・アーモンド・ピーナッツ・クルミのミックス。個人的には過去に食べた "コーヒーのアテ" としては最高峰なくらい合います。

当日は別のイベントとバッティングで残念ながらご不在ですが、地元のイベントということで快く引き受けて下さり感謝です。 頑張ってやらねば!

新規オープンや南口からの移転など、このところ続々と素敵なお店が増えている
国立北口エリア。
一部では「裏国立」(ウラクニ)とも言われ、密かに盛り上がっているらしい...。

そんな感じで、当日はゆるゆると会場散策をお楽しみ下さい。詳しくはコチラを。
ということで、

当日はお店の営業を15:00〜とさせていただきます。

ご迷惑をおかけ致しますが、どうかご理解下さいますようお願い致します。
# by kunicoro | 2014-04-08 21:26 | Trackback | Comments(0)
2014/4/1 今月のお休み
7(月)・8(火)
14(月)
21(月)
28(月)・29(火祝)

また、
13(日)は『第6回:kunitachiゆる市』参加のため、15:00〜の営業
とさせていただきます。
コーヒーを淹れに出張します。近所ですので是非いらして下さい。
ゆる市についてはまた詳しくご案内致します。
# by kunicoro | 2014-04-01 00:00 | Trackback | Comments(0)
2014/3/31 消費増税に伴う価格見直しについて
1)改正消費税法の公布に伴い、平成26年4月1日販売分より以下の商品につきまして消費税8%を適用させていただきます。

●器具類(ろ紙、ドリッパー、ポットなど)
●宅配便送料

店頭での価格表示は全て「消費税込み」は変わりません。
ろ紙に一部定価の改定があり20〜30円値上がりしているものもございます。ご了承下さいませ。

コーヒー豆は当面の間、価格は据え置きとさせていただきます。
平成27年1月〜価格の見直しをさせていただく予定です。

カガモク製・オリジナルのコーヒー器具については来月〜価格の見直しをさせていただく予定です。こちらはまた改めてご案内致します。


2)コーヒー豆の追加袋につきまして、1つ@40円を頂戴することと致します。

コーヒー豆ひとつ(生豆240g)を半々ずつ二つに分けて袋詰めをご希望される場合、今まではサービスでやっておりましたが、今後は追加料金とさせていただきます。

豆の保存を考慮し元々原価の高い袋をその都度カットして使用しておりまして、手間と不公平感の解消も鑑み、この方がスッキリすると考えました。
今までご利用のお客様には大変申し訳ございませんが、ご理解下さいますようお願い致します。




# by kunicoro | 2014-03-31 12:51 | Trackback | Comments(0)
2014/3/18 今月の新入荷豆
*ブルンジCOE/ルハンデWS
アフリカではルワンダに次いで2カ国めのカップ・オブ・エクセレンス開催、
当店には初入荷。
WSとは数軒の小規模農家が集まったウォッシングステーション=精製所のことで、アフリカでは農園単位ではない場合が多いです。
心地よい酸味と余韻を残す甘い後味。中南米とは一味違う香味を是非。
<香味特製>カラメル、洋梨、白ワイン
生豆240g/1,650円 香味が活きる浅煎りで。

*ブラジル・ピーベリー
当店では定番で扱っている、ブラジル/エスポラナーダ農園=アマレロ・ブルボンのピーベリー(枝先に結実する小粒の丸豆)です。2013/14新豆です。
少し深めの焙煎にすることで、香ばしさと甘みが引き立ちます。
生豆240g/950円

*コロンビア/ナリーニョSUP
南西部に位置するナリーニョ県は火山灰質でコロンビア有数のコーヒーどころ。
こちらは自然環境保護の認証であるRA(レインフォレストアライアンス)認証を取っているスプレモとなります。
非常にクリアーで酸味と甘みのバランスが良く、コクもしっかりしています。
中煎り〜中深煎りまでお好みの焙煎で。定番のクレオパトラと飲み比べて見ては。
生豆240g/950円
# by kunicoro | 2014-03-18 12:29 | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >