2016/9/6 夏の飲み物
9月に入りましたがまだまだ残暑厳しく。例年だと10月頭位までアイスコーヒーは出ますし。

この時期急激に消費が増える飲み物と言えば、キリンクラシックラガー&芋焼酎ロック、そしてハイボールと…まぁ早い話が酒になってしまうのですが、特にここ4〜5年で急激に好きになったのが純米酒(冷や)。まだ普通に買えた「獺祭」を入り口として色々飲み比べるうち、コーヒーとは全く違う面白い世界を感じました。

コーヒーの場合、カッピングの表現方法はワインに近く(というか敢えて寄せて行っているところもある)、これは同じ「果実」として分かります。
ただ日本酒のカッピング(利き酒?)にはコーヒーとは全く違う表現があることを知りました。

あるお店で2種類のお酒の味の違いを尋ねた際、「こっちの方が少し太い」と言われた事がありました。
太い?? あ〜でも何となくイメージは分かるな〜と、それからいろんなお店で日本酒のキャプションを見比べ、色々試しては納得&感心している訳です。

あと日本酒とコーヒーの違いとして、同じお酒でも瓶詰めのタイミングや寝かせる期間によって味が明確に変わりますよね。中取りとか新酒とかひやおろしとか。季節によってそれぞれの楽しみ方が出来るというのも良いですね。コーヒー豆にもエイジングの考えはありますが、日本酒ほど短いスパンで味の変化があるものではありません。ナチュラル精製とウォッシュトの違いくらいかなぁ明確に分かるのは。

ふと思ったんですが、いわゆる「夏酒」という括り。
これは「夏の暑い時期でも美味しく飲めるお酒」ということで、軽快な飲み口で清涼感のあるもの、微発泡や低アルコールのものなどが括られるようです。

なら「夏コーヒー」って無いの?という事なんです。
コーヒー屋の夏は毎年が試練で、どうやって乗り越えようかとどこのお店も思案している筈です。だいたいどこの店もアイスコーヒーのプレゼンをするのですが、何となく芸が無いし限界もある。水出しパックやリキッドコーヒーはポリシーに反するのでウチはやりたくない。夏でもホットで美味しく飲める豆。これが沢山売れてくれたら万々歳なんです。

夏の暑い時期でも美味しく飲めるコーヒー。
日本酒の例に倣えば、「心地よい軽快な酸味」「ジューシーな果実感」「スッキリした喉越し」「キレのあるアフターテイスト」焙煎は浅煎りから中浅煎り位で。

そんな事を6月位から考えていていました。先月の新入荷のニカラグア/ジャバニカなどはとても良いと思います。ただこれも残り僅かになってきましたので、夏にオススメの新しい豆をもうひとつご紹介致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・

*タンザニア/タリメ ゴールドマインAA
初入荷ですがケニア国境に近い北部タリメ地区は標高も高く今後更に期待が持てるエリアです。
カシス、ベリーや柑橘系のフレーバーやワイニーなど華やかな香りがあります。クリーンで甘味もあります。
生豆240g/1,150円 (税込1,242円) 中浅煎り

初めて飲んだ時に、これはイイ!と思った豆です。今週末からの販売となりますので是非お試し下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・

e0245899_23343933.jpg夏場の焙煎はとにかく暑く、オーダーが続くと軽い脱水症状になります。水分補給は欠かせないのですが、ついつい飲みたくなるのが炭酸飲料。分かってるんです、体に悪いのは。果糖ブドウ糖液糖・無果汁ですから。でも飲みたくなるんですよ〜これとか。お酒も含め、この時期はお腹タプタプです。また腹筋しなきゃな〜
# by kunicoro | 2016-09-05 23:37 | 店主雑談 | Trackback
2016/9/1 今月のお休み
〜 9/5(月) *夏休み
12(月)・13(火)
19(月)
26(月)・27(火)

月頭に長いお休みを取らせて頂いております。ご不便をお掛け致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・

今年は熊本に行っているはずです。
というのはこの記事は予約投稿で休み前に書いておりまして、まだ出発前です。
お馴染みの台風10号が接近中です。どうなることか。。。

明けましたらまた頑張ります。秋!
# by kunicoro | 2016-09-01 00:02 | 店からのお知らせ | Trackback
2016/8/18 今月の新入荷豆
*ブラジルNW/シッチオ・オリョ・ダグア
NW=ナショナルウィナー(国内品評会)入賞豆です。
カルモデミナス地区、標高1,000〜1,200mの高地にある農園。イエローカツアイ種をナチュラルプロセスにて精製というなかなかの個性派です。
<香味特性>チョコレート・カスタード・アプリコット・ロングアフターテイスト
生豆240g/1,350円(税込1,458円) 浅煎り〜中浅煎り

*ニカラグア/オクシデンタル農園"ジャバニカ"
細長い形をした「ジャバニカ」という品種で、ミカンのような爽やかな甘い酸味があります。スッキリと喉越しが良く、夏の暑い時期にもオススメの豆です。
生豆240g/1,050円 (税込1,134円) 中浅煎り

*東ティモール/ハヒタリ集落
東ティモールはインドネシアとニューギニアの間にある小さな島国です。
しっかりしたボディと果実感があり、アジアらしい野性味も感じますが、変なクセは無く飲みやすいのはブルボン種ならではでしょうか。
生豆240g/1,050円 (税込1,134円) 中深煎り〜深煎り
# by kunicoro | 2016-08-18 15:29 | 限定メニュー | Trackback
2016/8/1 今月のお休み&夏休みのお知らせ
1(月)
8(月)・9(火)
15(月)
22(月)・23(火)

29(月) 〜 9/5(月) *夏休み

お盆期間中は通常営業ですが、月末29日から夏休みを取らせて頂きます。
ご不便をお掛け致しますがよろしくお願い致します。

e0245899_191449.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・

1ヶ月程前からヤバイよヤバイよとサインを出していた腰がついに決壊。。。
先週の定休日はベッドから起き上がって1階に降りるのに小一時間かかり、絶望で泣けてきてしまう位の状況でしたが、激痛に耐えながら開店前の整骨院通いでだいぶ復旧致しました。

整骨院って「おじいちゃんおばあちゃんの憩いの場」と思っていたのですが、夏休み中という時期もあってか部活をやってる少年少女がとても多いんですね。

自分は若い頃整骨院なんて行ったこと無かったし、少しくらいの捻挫や打撲はサロンパス貼っとけ!くらいなもんで、今はちゃんと専門家が医学的根拠に基づいて診てくれていいですよね。それが当たり前なんでしょうが。自分らの頃は「うさぎ跳び」「水飲むな」「竹刀片手にタバコ吸いながら怒鳴る顧問」が当たり前でしたんで、学生時代にまともに部活をやってこなかった自分としてはちょっと意外でした。

最近は「部活ハラスメント」なる言葉もあり、逆にそれが甘やかし過ぎだ!的な意見もあるようです。まぁ一概にどちらが良いとは言えないと思……いやいや今の方が絶対良いに決まってるか。
# by kunicoro | 2016-08-01 00:54 | 店からのお知らせ | Trackback
2016/7/5 今月の新入荷豆
なかなかまとまった量でご紹介出来る物が無く、久々のご案内となってしまい申し訳ありません。

*ブルンジNW/ニャビツェCWS
NW=ナショナルウィナー(国内品評会)入賞豆です。2015年から始まった新しいウォッシングステーションながら、初年度からいきなりNW入賞を果たしました。
さすがのクリアー感、アプリコット系の果実フレーバー、シロップのようなコクのある甘みが後味に長く続きます。この上質な味わいを是非。
生豆240g/1,450円(税込1,566円) 中浅煎り

*ウガンダ/ブルーナイルAA
昨年初めて取り扱い、あっという間に完売してしまった豆です。
マウントエルゴン地区・Bugisuとうエリアの最高ランクの豆です。
魅惑的な甘い香りと程よい酸味、フローラル、ナッツなど焙煎によって表情の変化も楽しめます。
生豆240g/1,050円 (税込1,134円) 中煎り〜中深煎り
# by kunicoro | 2016-07-05 12:25 | 限定メニュー | Trackback