2017/3/1 今月のお休み
1(水)※臨時休業
6(月)
13(月)・14(火)
20(月)
27(月)・28(火)

まだまだ寒いですが中旬からは春限定「さくらブレンド」もスタートします。ご期待下さい。
昨年は体調を崩して散々だった3月、今年は頑張ります〜。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・

e0245899_2203256.jpg"スフレ専門店"なるものがご近所に出来たとお客さんから聞きつけ、行って参りました。

『L’ecume des jours(レキューム・デ・ジュール)』さん。

スフレ…生まれて初めて食べました。いや、今までにも「"◯◯スフレ"」と名が付くものは食べた記憶があるのですが、どうやら本物のスフレとはこういうもののようです。

そもそも焼きあがりから1分もすれば萎んでしまう為、出来立てをすぐ食べないといけない。詳しい調理法は知りませんが、オーダーを受けてから厨房内ではもの凄い勢いで何かを泡立てているような音が聞こえていました。この日は定番らしき「バニラ」とカカオ80%の「チョコレート」を妻とシェア。20分くらい待ちます。スフレを語る資格は自分には無いので多くは言えませんが、初めにスプーンを入れた時の感触、一口目の食感、口どけ…おぉ〜!他に例えようのないものがありました。ちなみにチョコの方は甘くありません。カカオ!です。そして均等に混ぜて均等に火を入れないとこのように美しく立ち上がらないのではないかと。時間の経過と共に食感や味の濃厚さなどが変化しますので、萎む前に食べなきゃダメ!ということでも無いように思います。一気に食べたらもったいないですしね。

面白かったのはコアントローやアマレットなどの果実系リキュールとのペアリングを提案されていること。確かに元々ニュートラルな味であるスフレは、色んなリキュールと合わせることで様々な味の拡がりが楽しめるのかも。想像ですが。これはやってみたいなぁ。
メニューには聞いたことの無いリキュールもあったのでその場で調べたのですが、色々あるんですね。オレンジ、杏仁、リンゴ、サクランボ、洋梨…。あらためてフランス食文化の奥深さを感じ、とても興味深かったです。

本来ですとグラスでシャンパンなんか飲みながら焼きあがりを待ち、好みのリキュールと一緒にいただく、何てのが最高なのかもしれません。財布と相談ですが。

スフレ、何とも儚く贅沢な食べ物でした。シェフは都心の有名店で修行された方のようです。きちんとした技術と経験のある方が、誠実にやっておられる印象を受けました。こういうお店には長く続けていただきたいものです。
by kunicoro | 2017-03-01 00:01
<< 2017/3/15 さくらブレ... 2017/2/21 今月の新入荷豆 >>