カテゴリ:定番メニュー( 3 )
2015/6/2 ブレンドをリニューアルしました
以前にちょっとだけ予告しておりましたが、この度ブレンド4種の配合を見直し、更に美味しくリニューアル致しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

個人的な考え方で言えば、その店が表現したい味の方向性を示すものこそが「ブレンド」であり、故にどの店もこぞって美味いブレンドの配合を研究・試作し、「どうだ!これが俺のコーヒーじゃ!」というものを出すことに拘りを持っている。
と同時に店主のセンスが反映されるものでもあり、怖い反面そこに面白さがある。

とばかり思っていたのですが最近はそうでもないみたいで。

他のコーヒー屋さんに行くと、その辺りが解りやすいのでだいたい浅煎り1種と中深煎りくらいのを1種買うようにしてるのですが、最近はブレンドが無い店も多く…

「ブレンド、って無いんですか?」
「申し訳ございません。当店はブレンドは一切扱っておりません。こちらはシングルオリジンと言いまして...」

あーそうですか分かりましたよ、どうせ俺は古いタイプのコーヒー屋だよ!
でもさぁ、やっぱその店独自のブレンドが飲んでみたいんだよね。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

確かに今や農園ごとに個性の際立つ豆がたくさん出ていますので、敢えてブレンドする必要性を感じない人の考えも分かります。
それに昔は今ほどコーヒー豆の味もバラエティに富んでなく品質も不安定だった為に、1+1を2以上にする為の「苦肉の策」としてのブレンドもあったはずで。

自分がこの業界に入った10年前も、ブレンドと言えばまだまだ「等級品」を使うのが主流でした。等級品というのはブラジル=サントスNo.2、コロンビア=スプレモ、ガテマラ=SHBといったように、一般的には国名=商品名のやつです。トレーサビリティは全く分かりませんが、国ごとの一定基準を満たした豆のことで、ひとことで言えば「安くて数が多くある豆」です。
こういった豆たちをうまいこと組み合わせ、切り口を変えて価値を付け、リーズナブルな看板商品にしているお店が多かったです。

ウチの店でも開店当初は使っていましたが、等級品はいかんせん品質が安定しない。それに不良豆も多く、ハンドピックの手間(人件費)を考えると実際安いのか高いのか分からん。ということでかなり前に使うのを止め、代わりに少々価格は高いもののエリア限定等のプレミアム品と呼ばれる "ちょっとランクの高い" 豆たちを使っていました。

それでもそこは農産物の性、毎年毎回同じ価格と供給量が保証される訳ではない。そのつど国立ブレンドの味と価格を維持する為、新しい豆を試したり配合比率を調整したり、実は色んなことをやっていたのです。

ところが昨年からこれらの豆が大きく高騰。4月に価格を改定させていただいた最大の理由はここなのですが、ストレートでお出している定番商品たちと遜色無くなってしまい、それならいっその事もっと美味しい方がいいよね、と。供給や品質も安定しますしね。

ということで、ブレンドにも「ストレートでお出している定番商品たち」を使う事にしました。全て単品でもイケる豆たちですので、やはり甘みやクリアー感が断然違います。更に原価は上がってしまいましたが、自分の中ではかなり納得いくものが出来たと思っています。

実は4月頃から順次新しい配合に変わっております。違いを感じていただけていたら嬉しいです。
by kunicoro | 2015-06-02 18:01 | 定番メニュー
2015/4/1 定番メニュー新価格
2015年4月1日〜の新価格です。
ご迷惑をお掛け致しますがどうぞ宜しくお願い致します。

e0245899_2231796.jpg
e0245899_2213368.jpg
by kunicoro | 2015-04-02 22:04 | 定番メニュー
2014/11/18 ガテマラカフェインレス再入荷
長らく欠品していたガテマラのカフェインレスがようやく入荷致しました。
代替の効かない商品で、欠品中は大変ご迷惑をお掛け致しました。
どうぞよろしくお願い致します。
by kunicoro | 2014-11-18 17:30 | 定番メニュー