2016/10/7 NORMAN'S DINER vol.2 @HOMEBASE
柿屋ベーグル・多田利衣子さん&建築家・東端桐子さんという2人の "Teenage Funclub Lovers" がここ国立で奇跡的に出逢ったことから生まれたユニット、『NORMAN’S DINER』。

柿屋ベーグルのパンを使った特製のベーグルサンドとホットドッグ、自家製タパスにクラフトビールと何とも魅力的な内容だった7月のvol.1はギックリ腰で行けず。またお初ということもあってあまり告知をせず静かに開催された為、もはや幻のダイナーかと思われていました。

何と以外にも早く、第2回の開催決定!とのこと。
告知の許可も下りましたので以下、TFCへのやや偏執的妄想愛に溢れたプレスリリースをご覧下さい。(原文ママ)

ーーーーーーーーーー

NORMAN’S DINER vol.2 @HOMEBASE

私たちの心の店長、Norman Blake率いるTeenage Fanclubのニューアルバムリリースを記念して、NORMAN’S DINERの第2弾をオープンします。

NORMAN'S DINERは、北米東側のとある田舎町にあるひなびたダイナー。
秋の深まる季節にぴったりのベーグルサンドと看板メニューのホットドッグ。
ベーグル with クリームチーズはシナモンレーズンベーグルで。
あつあつのスープと自家製ジンジャーエールはいかがでしょう。
季節にあわせたコーヒーと焼き菓子もぜひご一緒に。

みなさまのお越しをお待ちしています。

多田利衣子(柿屋ベーグル) + 東端桐子(straight design lab)

日時:
2016.10.11(tue) 11:00〜15:00, 17:00〜21:30 L.O
数はたくさんご用意しておりますが、売り切れの際はご容赦ください。

場所:
東京都国立市富士見台1-8-41
(musubiさんという暮らしの道具のお店の隣です)

JR南武線 谷保駅 徒歩5分
JR中央線 国立駅 南口よりバスで15分、最寄りのバス停より徒歩3分
京王バス(3番乗り場)[国17/国18]で[第1団地下車]
立川バス(4番乗り場)[国10/国10-2/国11/国12/国41]で[富士見台第1団地下車]

協力
HOMEBASE
柿屋ベーグル(http://blog.kakiyabagel.com/
国立コーヒーロースター(http://kunicoro.exblog.jp
BORTON(http://kashiyaborton.blogspot.jp/


e0245899_1534586.jpg

この日は定休日なのでビール飲みに行きます〜
# by kunicoro | 2016-10-08 01:54 | イベント
2016/10/1 今月のお休み
3(月)
10(月祝)・11(火)
17(月)
24(月)・25(火)
31(月)

アイスからホットへ、そしていちょうブレンドも。
今月もよろしくお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・

e0245899_2173024.jpgだいぶ遅くなりましたが夏休みのご報告を。今年は熊本に行ってきました。
昨年から決めていたのですが地震があったので正直迷いました。ただ人が集まらなければどうしようもないというのも事実、初志貫徹で行って参りました。

〜阿蘇・スカイライン展望所より


台風10号(一旦南下して停滞した後ブーメランみたいに戻って来やがったアイツ)接近に伴い、出発予定日の羽田発便が欠航の可能性大という事で急遽予定を1日前倒ししました。


e0245899_21103045.jpgということで熊本市内に夕方前に到着。飲み始めまで少し時間があった為まず伺った『工芸きくち』さん。ウチは2人とも民芸好きでして、黄色い鳥さんにて事前に情報収集してきました。

お宝がいっぱいです。
熊本の工芸マスターであるご主人と優しい奥様に楽しいお話をたくさん伺い、つい長居してしまいました。そして初日の最初の店で竹製の飯籠を買うという....。(以降持ち歩き)



e0245899_21573442.jpgきくちのお父さんにどこかいいお店を、とご紹介頂いた『民藝酒房 肥後路』さん。

偶然にもwillcafe・麻子さんから聞いていたオススメのお店と同じ!
こちらのご主人も民藝に造詣が深く、きくちさんとはマブダチらしいです。ここで早くも今回の美味いんぼ大賞に出くわしました。


e0245899_2204254.jpg夫の大賞、馬ヒレステーキ。

いい感じに野趣あり、すっごい上質な赤身肉という感じ。牛より好きだ。


e0245899_221648.jpg妻の大賞、名物・手作りがんもどき。

関西のいわゆる「飛竜頭」より少し野趣あり、外はカリッ・中はフワ〜ッ。優しい葛餡がかかった火傷注意の絶品。あまりの美味しさにおかわりし、1人2個ずつ食べました…


e0245899_2212943.jpgこんないい感じの器を惜しみなく使ってお料理を出して頂けます。
上記以外にも、揚げたての辛子蓮根(概念が変わる!)や郷土料理のだご汁など、どれも本当に美味しかったです。


e0245899_124517.jpg熊本には他にも美味しいものがたくさんありました。

有名な小国ジャージー牛乳を使ったソフトクリーム。フレッシュで濃厚!ソフトクリームは色んな所で1日1個食べてました。


e0245899_1251191.jpg阿蘇は美味しい湧水が大変豊富な地域でもあります。その湧水を使った冷たい白玉の甘味「かんざらし」は夏にぴったり。緑色のは近くに自生するクレソンを練り込んでいるそうです。黒蜜ときな粉をかけて頂きます。付け合わせはトマトが!


e0245899_1253652.jpg馬肉料理の名店『むつ五郎』さんの馬刺し&心臓刺し。鮮度が違う!

馬コロッケ、馬串、馬モツ煮込み、馬握り寿司などどれも「馬」ですが全く飽きず。以前マヨネーズ料理専門店では2品で飽きたのに…


e0245899_128215.jpg焼酎ロック!

熊本は米麦芋全て楽しめますが比較的「米」が多いようです。いろいろ試しましたが気に入ったのは、サッパリ系の「川辺」とズッシリ系の「たる繊月」。



e0245899_126643.jpg我が家の旅は名所旧跡を周るというよりも地元の美味いモノを食べ、街中をブラブラして変なモノを探し、ゆっくり温泉にでも浸かり…といったパターンが多いです。

春休みの京都大阪が強行軍過ぎた反省もあり、今回は行程の半分は黒川温泉でのんびりしてました。


e0245899_1262766.jpg復興割りの宿泊券や旅行サイトの復興クーポンを利用し、普段はとても泊まれないような宿も利用する事が出来ました。

いい雰囲気の内湯。何回も入っちゃいました。露天風呂付きの部屋も初体験、夜空の星が綺麗でした。


e0245899_1264920.jpg黒川温泉には「街全体が一つの宿 通りは廊下 旅館は客室」というキャッチフレーズがあり、湯巡りも楽しみ。
この入湯手形(1,300円)を購入すると、24ある施設から3カ所が利用出来ます。この日は月末でいくつか清掃などで利用出来ないお風呂もありましたが、その分観光客も少なく、殆どのお風呂が貸し切り状態でした。
腰を痛めていた事も全く忘れていたくらい。気温も涼しくてホント帰りたくなかったです。

報道である程度は見ていたものの、熊本城や阿蘇神社の姿を実際に目の当たりにしますと、それはグッと来るものがありました。街中にも倒壊したままの建物がいくつもありましたし。
きくちさんのお店だって地震の後の状況は想像に難くなく。それでも「地震のお陰でこんな物が出て来たんだよ〜」って明るくお話しされていて、他の出会った方々も皆さん前を向いていらして、逆に元気を貰ったような感じでした。

熊本、とてもいい所でした。そんなにたくさんお金は落として来てませんので偉そうな事は言えないんですけど、誰かこういうブログを見て興味を持った人がいて、実際に訪れるきっかけにでもなれば良いな〜と思います。自分たちもまたいつの日か、必ず行きたいと思っています。
# by kunicoro | 2016-10-01 17:24 | 店からのお知らせ
2016/9/6 夏の飲み物
9月に入りましたがまだまだ残暑厳しく。例年だと10月頭位までアイスコーヒーは出ますし。

この時期急激に消費が増える飲み物と言えば、キリンクラシックラガー&芋焼酎ロック、そしてハイボールと…まぁ早い話が酒になってしまうのですが、特にここ4〜5年で急激に好きになったのが純米酒(冷や)。まだ普通に買えた「獺祭」を入り口として色々飲み比べるうち、コーヒーとは全く違う面白い世界を感じました。

コーヒーの場合、カッピングの表現方法はワインに近く(というか敢えて寄せて行っているところもある)、これは同じ「果実」として分かります。
ただ日本酒のカッピング(利き酒?)にはコーヒーとは全く違う表現があることを知りました。

あるお店で2種類のお酒の味の違いを尋ねた際、「こっちの方が少し太い」と言われた事がありました。
太い?? あ〜でも何となくイメージは分かるな〜と、それからいろんなお店で日本酒のキャプションを見比べ、色々試しては納得&感心している訳です。

あと日本酒とコーヒーの違いとして、同じお酒でも瓶詰めのタイミングや寝かせる期間によって味が明確に変わりますよね。中取りとか新酒とかひやおろしとか。季節によってそれぞれの楽しみ方が出来るというのも良いですね。コーヒー豆にもエイジングの考えはありますが、日本酒ほど短いスパンで味の変化があるものではありません。ナチュラル精製とウォッシュトの違いくらいかなぁ明確に分かるのは。

ふと思ったんですが、いわゆる「夏酒」という括り。
これは「夏の暑い時期でも美味しく飲めるお酒」ということで、軽快な飲み口で清涼感のあるもの、微発泡や低アルコールのものなどが括られるようです。

なら「夏コーヒー」って無いの?という事なんです。
コーヒー屋の夏は毎年が試練で、どうやって乗り越えようかとどこのお店も思案している筈です。だいたいどこの店もアイスコーヒーのプレゼンをするのですが、何となく芸が無いし限界もある。水出しパックやリキッドコーヒーはポリシーに反するのでウチはやりたくない。夏でもホットで美味しく飲める豆。これが沢山売れてくれたら万々歳なんです。

夏の暑い時期でも美味しく飲めるコーヒー。
日本酒の例に倣えば、「心地よい軽快な酸味」「ジューシーな果実感」「スッキリした喉越し」「キレのあるアフターテイスト」焙煎は浅煎りから中浅煎り位で。

そんな事を6月位から考えていていました。先月の新入荷のニカラグア/ジャバニカなどはとても良いと思います。ただこれも残り僅かになってきましたので、夏にオススメの新しい豆をもうひとつご紹介致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・

*タンザニア/タリメ ゴールドマインAA
初入荷ですがケニア国境に近い北部タリメ地区は標高も高く今後更に期待が持てるエリアです。
カシス、ベリーや柑橘系のフレーバーやワイニーなど華やかな香りがあります。クリーンで甘味もあります。
生豆240g/1,150円 (税込1,242円) 中浅煎り

初めて飲んだ時に、これはイイ!と思った豆です。今週末からの販売となりますので是非お試し下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・

e0245899_23343933.jpg夏場の焙煎はとにかく暑く、オーダーが続くと軽い脱水症状になります。水分補給は欠かせないのですが、ついつい飲みたくなるのが炭酸飲料。分かってるんです、体に悪いのは。果糖ブドウ糖液糖・無果汁ですから。でも飲みたくなるんですよ〜これとか。お酒も含め、この時期はお腹タプタプです。また腹筋しなきゃな〜
# by kunicoro | 2016-09-05 23:37 | 店主雑談
2016/9/1 今月のお休み
〜 9/5(月) *夏休み
12(月)・13(火)
19(月)
26(月)・27(火)

月頭に長いお休みを取らせて頂いております。ご不便をお掛け致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・

今年は熊本に行っているはずです。
というのはこの記事は予約投稿で休み前に書いておりまして、まだ出発前です。
お馴染みの台風10号が接近中です。どうなることか。。。

明けましたらまた頑張ります。秋!
# by kunicoro | 2016-09-01 00:02 | 店からのお知らせ
2016/8/18 今月の新入荷豆
*ブラジルNW/シッチオ・オリョ・ダグア
NW=ナショナルウィナー(国内品評会)入賞豆です。
カルモデミナス地区、標高1,000〜1,200mの高地にある農園。イエローカツアイ種をナチュラルプロセスにて精製というなかなかの個性派です。
<香味特性>チョコレート・カスタード・アプリコット・ロングアフターテイスト
生豆240g/1,350円(税込1,458円) 浅煎り〜中浅煎り

*ニカラグア/オクシデンタル農園"ジャバニカ"
細長い形をした「ジャバニカ」という品種で、ミカンのような爽やかな甘い酸味があります。スッキリと喉越しが良く、夏の暑い時期にもオススメの豆です。
生豆240g/1,050円 (税込1,134円) 中浅煎り

*東ティモール/ハヒタリ集落
東ティモールはインドネシアとニューギニアの間にある小さな島国です。
しっかりしたボディと果実感があり、アジアらしい野性味も感じますが、変なクセは無く飲みやすいのはブルボン種ならではでしょうか。
生豆240g/1,050円 (税込1,134円) 中深煎り〜深煎り
# by kunicoro | 2016-08-18 15:29 | 限定メニュー